シボヘールは効果なしといわれている件について!

ダイエットに有用な成分「葛の花由来イソフラボン」が配合されたシボヘールを使っている人たちの間で効果なしといわれている件について!述べたいと思います。

 

 

シボヘールは効果なしといわれている?

シボヘールの口コミを見ていると、「使ってよかった」という人と「使ったけど効果なし」という人に分かれているようです。

 

その違いの原因は、どこにあるのでしょうか?

 

違いは、おそらくシボヘールに含まれている成分が怪しいと思われます。

 

なのでシボヘールの違いを調べるために、原因となっている成分を調べることにしました。

 

 

シボヘールの成分とは?

シボヘールに含まれている成分は「葛の花由来イソフラボン」といわれている成分です。

 

葛の花由来イソフラボンとは、どのようなものなのでしょうか?

 

 

葛の花由来イソフラボンとは?

葛の花由来イソフラボンとは、東南アジア全域に生息している植物です。

 

葛の花は、昔から健康を維持するために使用されていたという経緯があり、日本でも中国でもおなじみの葛の花です。

 

 

近年、葛の花に含まれている成分にダイエット効果があることが分かりました。

 

各機関によってさまざまな研究がなされ、多くの論文なども掲載され話題を呼んでいる葛の花ですが、葛の花に含まれる成分であるイソフラボンは、大豆に含まれるイソフラボンとは違い、テクトリゲニン類と称されています。

 

つまり、このテクトリゲニン類という成分こそダイエットに作用するのではないかとされているんですね。

 

 

シボヘールのダイエット効果とは?

シボヘールに含まれた葛の花由来イソフラボンの作用には、数多くの文献がつくられています。

 

それらの内容には、葛の花由来イソフラボンには肥満に作用してBMI値を正常にする働きや、体脂肪の抑制作用などお腹についた脂肪分の除去やウエスト周りのスリム化など、ダイエット志向の高い方たちに人気となっています。

 

 

葛の花由来イソフラボンの臨床試験

葛の花由来イソフラボンの論文は数多くあります。

 

BMI指数25から30を対象にした試験では、BMIに値する人たちの体重やウエスト周りの寸法、さらには皮下脂肪面積なども試験対象になり、その結果医学的根拠に基づき脂肪分が減少したという報告がなされています。

 

 

 

シボヘールの脂肪に対する有用性

シボヘールには、このような試験の結果からダイエットに有用性が見込まれますが、過信は禁物でただ飲んだからといって脂肪分がすぐ取れるというものでもありません。

 

それが証拠に、葛の花由来イソフラボンが含まれる数多くの商品の口コミなどを見ていても、すぐ減らない、効果がないなどの口コミも多数あるからです。

 

 

葛の花由来イソフラボンに含まれている作用は、脂肪燃焼効率を高めますが、あくまでも運動との相乗効果によるものが高いからです。

 

つまり、葛の花由来イソフラボンを含むシボヘールなどのダイエットサプリと称されるものを飲む場合、最低でも軽い運動などを取り入れないと思い描いているダイエット効果は出てこないと思えます。

 

 

どのダイエット方法でも、簡単にはスリム化などはできないということになりそうです。

 

ですが、飲むと飲まないではうんでんの差があるのも事実です。

 

要は飲むと同時に並行してシボヘールなどのサプリを摂りながら軽く運動をするという方法が一番効率よくダイエットを成功に導くことではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ